5歳の夏は成長の連続

夏休み子供は夏期講習の宿題を頑張っていたので全て終わらせてから、五月山の秀望台に座って夜景を眺めたり、千里山土手とスカイパークへ一眼レフの望遠レンズをセットして持っていき、ミニオンジェットの撮影に行ってきました。

数日後は千里山土手から滑走路の夜景と飛行機と猪名川花火大会のコラボの写真が撮れたのでキラキラした素敵な夏の思い出の写真が仕上がりました。

7月の天神祭りは子供と一緒に商店街でお神輿を見ていたら、ふらっと一本路地裏の個展の先生においで~と誘われて中に入ると素敵なjazzの音楽が流れるモノクロの写真展になっていて、子供はブドウ味のかき氷を座りながら食べたり写真達を眺めたりゆったりとした時間を過ごすことができました。

天神花火大会は今年は堂島のバラ園から見ようと思って芝生にレジャーシートを引いて子供も期待して待っていたけど、ビルや樹の合間に隠れてしまいまさかの音だけ花火でよく見れませんでした。

自転車で来たので、あんまり関係ないけど大阪城のライトアップを見て電球ソーダをゲットして30キロくらい走って帰ってきました。

あとは、奈良県の天川村へ川遊びと現地の方からじゃがいもをもらえる神対応の温泉へ行き、道の駅で夜空を眺めてペルセウス座流星群を見て綺麗だったねぇ~と言いながら帰ってきました。

家族がふえました!

3月に神奈川から北海道へ移住してきて、初めての夏休みでした。

引っ越しを嫌がる娘を『北海道に引っ越したら、お家が広くなるから犬が飼えるかも!』と説得していた私。

娘もしばらくは何も言いませんでしたが、夏休み間近になって『犬は?』と。

引っ越しで寂しい思い、辛い思いをさせてしまっていたので、夏休みになってすぐに我が家に新しい家族を迎えました。

ミニチュアダックスフントの男の子です。

名前は『ぺこ』。

娘が命名しました。

実はこのワンちゃん、娘が産まれた時からずっと大切にしているぬいぐるみ『ぺこ』にそっくりなんです!だから名前も同じになりました。

この夏休みは、新しい家族に振り回されっぱなしでした。

トイレトレーニングが大変だったり、不慣れなので悩むことが多かったのですが、娘は毎日ぺこと過ごして幸せそうでした。

毎年、時間を持て余して『今日は何する?』『どこかいく?』『外食したい』など煩かった娘。

でも今年は『ぺこが寂しくなるから』と同伴できない場所へのお出かけは娘が断固拒否。

公園、ドッグラン、一緒に買い物が出来るショッピングモールやホームセンターなどへのお出かけばかりでした。

旅行などの大きなイベントがほとんどなかった今年の夏休みですが、娘は毎日本当に楽しそうでした。

これから、ぺことキャンプに行けるように頑張ってしつけるそうです。

余談ですが、息子は動物が苦手です。

最初はぺこがケージ外に出ている時は、ソファーから降りてきませんでした。

しかし息子もいまではだいぶ慣れてきたようで、触れることも出来るようになりました。


PAGE TOP